探偵へ調査を頼む前に準備しておくもの

調査したい人に関する情報を持つ人と、持たない人では、情報量に差があるため、調査の調査方法や調査期間などが違ってくるといわれています。
依頼を決めたらできるかぎりで構わないので、調査に役立つ資料を事前に用意しておくことで話もスムーズに進むことでしょう。

・ 調査したい人の顔写真を用意しよう
最近撮影したもので、できるだけ普段の表情に近いものが良いそうです。
あまり古いと本人と認識することが難しくなり、捜査も難航してしまうためです。
全身の風貌と顔がはっきりわかるもの2枚以上が一番良いとされているのだそう。
また、きっちりとした証明写真よりも、なるべくスナップ写真の方が表情が自然で分かりやすいため、捜査にも向いているようです。

・ 調査したい人の所持品を用意しよう
調査したい人が普段から持ち歩いているバックやお気に入りの物などがあれば写真に撮っておきましょう。
探偵社との面談時には必ず質問されるので、あらかじめ撮っておくことで、捜査もよりしやすくなりますし、口頭で説明するよりもスムーズに進むはずです。
デジタルカメラ等がなければ、携帯のカメラで撮影しても特に問題はありません。

・ 調査したい人の移動する情報を集めよう(移動に使用する車・電車やバスなど)
対象者が車で移動しているようなら、車種・色・ナンバーを事前に控えておくことが大事です。
普段、車を停めている駐車場の駐車位置なども覚えるポイントです。
自転車やオートバイでも同様に上記項目をチェックするととても役に立ちます。

・ 調査したい人のスケジュールや立ち寄り先を調べておこう
調査対象の人が立ち寄りそうな場所やお店など、意外とレシートなどから読み取れる情報もあります。

・ 調査依頼をしたい浮気相手の情報について
もしも、相手に心当たりがあるのなら、浮気相手の情報を分かる範囲でかまいませんので調べておくといいでしょう。
全く住所がわからなくても、どの辺に住んでいるとかがわかっていれば、浮気相手に会いに行くタイミングなど、調査対象の行動パターンがみえてくるのです。
また、携帯のメールなどをこっそりチェックしておくことで、『いつ・どこで・何をするのか』などの情報が分かる場合もあるので、情報としては十分なものになります。

因みに携帯は電源がはいっていなくても、特定の電波を受信しているため携帯会社に連絡をすることである程度の居場所を特定することも可能です。

注意
これらの情報は多ければ多いほど役立ちますが、調査日の対象者の予定や行き先などをしつこ聞くのは、変に思われるかもしれません。何気ない会話の中でうっすらと問いかけるといいと思います。