探偵社にメールで相談する時は、状況を整理することが大切

メールはとても便利なツールであることから、
手軽に相談できるため、電話が苦手な人や話すのが苦手な人には、相談しやすい方法だと思います。

実際のところ探偵社には、下記のような一行メールが送られてくるのです。

・人を探してほしいのですが、費用はいくらになりますか?
・浮気調査はいくらですか?
・離婚したいので、証拠となるものがほしいんですが、いくらぐらいになりますか?

このようなメールは、ほとんど一歩的で状況が全く分からず回答に困ってしまいます。
探偵社は、状況に合わせて調査期間・時間・人数を決めて見積もるため、
ただ「いくらですか?」だけでは漠然としていて詳細が決められないのです。

たとえば、何かが壊れてしまって「修理代っていくら?」といいますが、
実際に壊れたのはどこなのか?いつ壊れたのか?など、それがどんな状況なのかが分からなければ、修理には出せないのと同じなんです。

探偵社側でも、調査内容が状況が分からないまま安く見積もりをしてしまうと、
依頼者とのトラブルの元になりかねません。

メールの相談は手軽でカンタンでとても便利なものではありますが、
口頭では説明しきれないほどの状況を文章としてまとめることができるのですから
依頼者は、自分の中でしっかりと状況を整理して

・どんなことを相談したいのか?
・今どんな状況なのか?
・予算はどれぐらいなのか?

以上の三つをポイントに相談内容を送れば、探偵社は適切な答えを出してくれるでしょう。